〜 全ての現実は夢から始まる 〜 太陽光で無形資産を presented by k氏

太陽光除草3回税込6万円(`・∀・´)キリッ!

ご依頼はこちらまで!→ https://www.gsi-dream.com/

まず表面利回りは忘れよう! 〜 事業拡大戦略初級編 〜

春眠暁を覚えず、、、とは言ったもんだな

そして古い記事が在庫されすぎだな

もう3月になってしまったのにな


ガチャ!ウィーーーーーーーン、、、




太陽光販売業者をやっていると

利回り11%以上の案件ないですか?

というリクエストをよくもらう(⌒▽⌒)



別に良いと思うよ、リクエスト出すのは

でも、この利回りリクエストは、業者側から言わせてもらうと

 また来たか、騙されやすそうな投資家が、、、

って感じなんだよね(⌒▽⌒)



なぜか?

利回りって操作出来るからね

シミュレーション書類の数字なんてテキトーに弄れるわけだよ

だから、そんな数字のマジックなんて簡単なことだ



というか、k氏ブログから飛んでGSIサイトに来ている人が

大半だと思うんだけど

k氏ブログちゃんと読んでねーなってのも、モロバレする

分譲販売案件の書き方とか、前に書いたしな



だから、ウチへは来なくてもいいんだけどさ

( ↑ ↑ ↑ 毎度反感買う「買わなくていいよ、別に!」節!)

もう少し具体的にリクエストしろやってことだ



前にも記事ったと思うけど、k氏が建売買いにいく時って

業者に面談アポ入れるもんね、そう、まずは握りに行くんだ!

ま〜、ザックリと金額目線が合うかどうかも確認するけど

(あっ、でも、ウチへはそんなにアポ入れようとしないでね!)



そんで、まず自分の立ち位置や、知識とか経験とか資金力とかを話をする

その上で欲している情報をボヤッと話しながら、どういう案件がありそうか

相手から引き出していく、当然その会社のことも調べておくしね



一番最初に貰う情報は、Google座標、住所、こんなもんだね

まず、その場所に問題があるか、設計や部材は変えられても

場所だけは変えられない、だから最重要事項だ



ありならば、次に買取単価、容量、を聞く

そんで現場に走る



現場について自分で設計、仕様をイメージし、相手に電話で伝える

そして売買金額をこちらから指す



そこに書類と睨めっこやら、利回りがどうとかという単語も出ない

案件を買うのって、現実的な言い方すると、、、

 案件分取って安く買収する

ってことだからね

( ↑ ↑ ↑ ハゲタカです!コイツは悪の化身です!)



だから、まずは勉強する、そしてオリジナルの営業手法もする

そうしないと買えないんですよ

だからまずは利回りという概念を忘れてみよう!



それじゃあ、また(⌒▽⌒)